ゴッドソード - よくある質問

ゴールドとは何ですか?

ゴールドは、ゴッドソードのトレードにかかる手数料を支払うためのゲーム内通貨です。予約時に固定のGが一時ロックされ、取引時に、2.5%のゴールドが売り手買い手双方から消費されます。


ゴールドはいくらから購入できますか?

1ゴールドの価格は1USDTです。50USDTから購入できます。


ゴールドの購入方法はどのようなものがありますか?

USDTにて購入が可能です。ゴッドソード内のUSDTも使用可能です。また、今後ユーザー間のゴールドの送受信も可能となる予定ですので、他のユーザーから購入することも可能です。


剣の数量を指定して購入することはできますか?

購入価格の上限を設定し、購入希望する剣を限定することである程度は可能です。ただし、制限をかけるほどにマッチング率も下がりますので、状況に応じてご判断ください。


マッチング率を高めるためにはどうすればいいですか?

買い注文する剣の種類を多く設定すること、サブアカウントをできるだけ多く使用することなどが考えられます。1ユーザーあたりメインアカウントは1つに制限されていますが、バーチャルのサブアカウントは、キャラクターのランクに応じて10?50個持てるようになりその数分マッチング率も高まります。


トレードには何が必要ですか?

手数料分のゴールドを持っているだけでいつでもトレードに参加できます。


トレードの支払い方法には何がありますか?

自動トレードならゴールド、手動トレードならUSDT・PayPayをご利用できます。


PayPayで取引した場合、PayPayアカウントから銀行口座に出金は可能ですか?

可能です。ただしPayPay残高の種類には、PayPayマネーやPayPayマネーライトといった種類がございます。銀行口座に出金可能なのは取引前にKYCを完了したPayPayマネーの取引のみですので、取引前にKYCが未承認の場合は出金不可です。


トレードは難しくありませんか?

ゴールドによる自動トレードの場合は相手とチャットする必要もありません。手動トレードの場合も、スムーズな会話ができるよう半自動でメッセージを選択するだけで簡単に行えます。


トレードでトラブルが起きた場合はどうすればいいですか?

ゴールドによる自動トレードの場合はその心配はゼロです。手動トレードの場合は、当日内にカスタマサポートに連絡すれば解決に向けて手厚くサポートします。


USDTはどのように出金できますか?

ウィズドローボタンを押し、自分の外部ウォレットのUSDTアドレスを入力するだけです。


一番安全な売買方法は何ですか?

剣の購入に必要なゴールドを持っていれば、完全に自動で相手の剣とトレードされるので、相手を信用したりチャットをする必要がありません。


相手がゴールドで支払った場合の売却金はどうなりますか?

相手が支払ったゴールドと同額のUSDTがアプリ内に付与されますのでそれをご自身で外部ウォレットに送ってください。


もし取引相手がいなくなった場合はどうなりますか?

購入した剣は今後リリースされるゲームで使用することができます。ゲームによりまた流動性が発生することも。


マッチング相手が見つからない場合はどうすればいいですか?

ゴッドソードのシステムが常に市場のアイテム総量をモニターし、需要に対し供給が基本的に10%程度となるようになっています。なので売り注文がマッチングされないという場合は基本的には少ないですが、買い注文がマッチングが起こらない場合は一般的です。市場の状況にもよりますが、マッチング確率は10分の1程度が基本です。


買い手が制限時間内に支払いをしてこなかった場合はどうすればいいですか?

売り手は、アプリ内で買い手に通知をした後、自動的にカスタマーサポートに通知されます。事実が確認できた場合、買い手側はペナルティを受け、売り手は翌日に優先的にマッチングが行われます。


買い注文を出したが、急遽どうしても支払いが不可能になった場合はどうすればいいですか?

P2Pトレードゲームのルール上、一度マッチングがされるとキャンセルはできません。取引時限内に売り手に送金ができない場合はペナルティが課せられます。


支払いをしたが、売り手側がアイテムをリリースしてくれない場合はどうすればいいですか?

売り手が、取引期限(21時)までにキャラクターをリリースしない場合、買い手は、送金した明細を準備してカスタマーサポートに「申告」が必要です。事実が確認できた場合、売り手はアカウントが一時凍結され、売り手がもつ剣は、同日22:30に強制的に買い手に引き渡されます。


買い手は支払いをしたと言っているが、売り手側に着金が確認できない場合はどうすればいいですか?

まずは買い手に送金したことが確認できる明細を要求しましょう。もし買い手が口座番号やUSDTアドレスを間違えていた場合、買い手側の責任なので、買い手は再度新たに送金する必要があります。


相手が不正行為をしている疑いがある場合はどうすればいいですか?

相手が不正行為の目的の為に嘘をついていると疑われる場合は、カスタマサポートに申告をしてください。事実が確認されると、不正を試みたユーザーはただちにアカウントが永久凍結となります。


剣が最高額に達した場合、どうなりますか?

剣がそれぞれの最高額に達すると自動的に「分裂」が起こります。ゴッドソードのシステムは市場の需要を計算して最も効果的な次の3つの方式のうち1つを採用しております。
①同じランクの最低金額に均等分割:例) ウッドソードが200Gに到達 → 50Gのウッドソードx4本に分裂
②上位ランクの最低金額に均等分割:例) アイアンソードが800Gに到達 → 800Gのクリスタルソードx1本に交換
③同じランク/下位+次下位ランクの最低金額に均等分割:
 例1) アイアンソードが800Gに到達 → 50Gのウッドソードx16本に分裂
 例2) クリスタルソードが3,000Gに到達 → 50Gのウッドソードx60本に分割


剣が分裂を繰り返すと、いつかは剣の数がユーザ数より多くなる時が来ませんか?

その場合は逆に「合成」が起こります。
例)50Gのウッドソードx16本→800Gのクリスタルソードx1本に合成。これによって希少率が増し再びマッチング率が高まります。システムが市場の状況をリアルタイムでモニタリングしながら「分裂」と「合成」を適用してマッチング率を調節して行きます。
また、2021年にリリース予定のゴッドソードのゲーム開始後はゲーム内で剣が使用できる予定です。
ゲームでは剣は新規発行されませんので、既存プレーヤーの持つ剣が購入されて使用および消費される予定です。そのタイミングで市場の剣の希少性が急速に高まり、一般ユーザーが剣を手に入れるには都度トレードが必要となります。


どのような行為がペナルティにあたりますか?(1・アカウント一時凍結)

買い手の送金や、売り手の剣のリリースが遅れた場合、ペナルティーとして一時的にアカウントがロックされます。
例)買い手が期限時間内に支払いをしない場合、買い手にペナルティが課せられます。
また、買い手が支払いをしたが、売り手がアイテムをリリースしない場合、売り手にペナルティーが課せられます。


どのような行為がペナルティにあたりますか?(2・アカウント完全凍結)

アカウント一時凍結ペナルティを3度行った場合、アカウントは完全凍結されます。その場合、全ての剣とゴールドは没収されます。
アカウント一時凍結後、7日以内に一時凍結を解かなければ、そのアカウントは完全凍結となります。以降、同じ携帯電話番号では再度アカウントを作成することができなくなります。


どのような行為がペナルティにあたりますか?(3・アカウント即時完全凍結)

以下のような虚偽申請はもっとも重いペナルティとなり、発覚時点で即時アカウント完全凍結扱いになります。
①支払いがされたにも関わらず、支払いがされていないと虚偽の申請をする。
②支払いをしていないにも関わらず、支払いをしたと嘘の申請をする。


買い手が遅延した場合の売り手に対する保証はありますか?

はい。その売り手のアイテムは、翌日に優先的にマッチングされます。


売り手が遅延した場合の買い手に対する保証はありますか?

はい。支払いをしたのに21時の時点で売り手がリリースアクションをしていない場合は、自動的にアイテムがリリースされます。


自動トレードと手動トレードのどちらがおすすめですか?

手動トレードは人間同士のやりとりのため、トラブルを完全に防ぐことはできません。自動トレードならその心配が一切なく安全です。

  • 投稿 更新
  • harushi