エレクトリックキャッシュ ー マイニング

ゴッドソード公式はこちら

エレクトリックキャッシュの概要

エレクトリックキャッシュは、BTCVの成功で超有名になったマイニングシティが、2021年1月から始める期待のマイニングです。

エレクトリックキャッシュとは

エレクトリックキャッシュのロードマップ

エレクトリックキャッシュのソリューション

はじめに

1年間の開発を経て3キーセキュリティ・ソリューションの導入を達成した後、Bitcoin Vault (BTCV)は暗号通貨市場において最も安全な通貨としての地位を確立しました。不正取引を取り消すことができる機能を通じた対ハッキングへの保護機能により、BTCVの役割は究極の電子ゴールドと安全な価値のデジタル保管へと向上しました。

それでも、可能性を最大限に提供するには、BTCVエコシステムを完成させ、より幅広いアプリケーションを提供するため、新しいソリューションを導入する必要がありました。これを実現するために、先見の明を持ち、BTCVの発明者であるEyal Avramovichと彼のチームは、BTCVを補完する、新しいプロジェクトを構築する事を考えつきました。

そのソリューションの名は、ElectricCash (ELCASH)です。これは、複数のソリューションを備えた包括的なエコシステムを提供し、暗号空間に存在する多数の主要な課題を解決します。

暗号資産の課題

利用時の制限

高額な手数料と、処理できない取引数の増加は、BitcoinやEthereumを含む主要なブロックチェーンを悩ませている課題です。そのために暗号通貨の日常的な利用は不便で時間を要します。

「ゴールド」vs キャッシュ

Bitcoin Vaultのようなコインは「デジタルゴールド」形式で設計され、安全な価値の保管実績があります。しかし、送金の待ち時間が約10分(1ブロック確認の時間)と比較的長いため、取引媒体としての有効性が十分に発揮されない場合があります。一方Electric Cashは現金同様、新しいコインをユーザーが自由に送金/受取、トレードできる、専用性の低いアプローチを可能にします。

参加を促せないステーキングプログラム

通常、ステーキング過程中、ユーザーは暗号通貨エコシステムに代わって更なるステーキング報酬を獲得するためのアクションを実施することができません。それを改善するために、ネットワーク拡大を促進し、人々がステーキング過程に参加することを促す特別な報酬システムが設計されています。

コイン開発に対するコミュニティの影響力がない

ほとんどの暗号通貨エコシステムでは、コミュニティはネットワークに対して開発や向上に関する実質的な影響を与えられていません。例えば、コミュニティはブロックチェーンに追加できる新機能の決定ができません。Electric Cashは、プルーフ・オブ・ワーク(POW)マイニング報酬の一部を資金源とする開発基金を設立することにより、それを変えます。Electric Cashを利用することで、コミュニティメンバーにはステーキングガバナンス過程を通じて、ガバナンスの権限が付与され、その基金に集められた資金を使ってプロジェクト開発の未来を決める機会が与えられます。

エレクトリックキャッシュの特徴

Electric Cash (ELCASH)はSHA-256ベースのコインで、ステーキング機能を備えた、日常で使えるキャッシュライクとして設計されています。開発の初期段階では、ELCASHはマージマイニング過程を使って運用されます。この過程により、ELCASHはBitcoinやBitcoin Vaultなどのさらに大きいSHA-256ベースのチェーンのハッシュ能力を活用し、エコシステム全体のセキュリティを確保できます。

Electric Cashプロトコルは、エコシステムの今後の開発の有資格者であるコインホルダーに管理されています。これら全ての側面が1つのエコシステムに統合されることで、Electric Cashは多様な市場のニーズに対応します。

安くて(無料にもなる)早いトランザクション

ブロックチェーンでの取引手数料は本来必要ありません。ブロックチェーンはそれぞれ異なるソリューションを提供しています。ELCASHでは、プロジェクト・ステーカーは取引手数料の支払いに使用できるElectric Gasを取得します。

ステーカーは、ステークされる金額と期間に応じて、無料取引(Electric Gas)という報酬を得ます。ネットワークは、各ユーザーの無料取引の上限を計算します。

質なオーバーフラッディングから保護するために、トランザクションの送信中に費用が発生し、無料取引対象のユーザーは、費用が自分のウォレットに返金されます。(取引費用はすぐに利用できる形で返金されます)

マイナーに無料取引の処理に対する報酬を与えるために、実行された無料トランザクションの数に比例してマイニングの難易度は下がります。マイナーは取引を自動的に確認する追加作業の対応が可能になります。

インスタントトランザクションを実行するために、マスターノードのセカンドレイヤーがあります。トランザクションからの資金はロックされ、情報はマスターノードによってブロックチェーンに送信されます。この確認後、コンセンサスにより、確認されたトランザクションが後のブロックに含まれることで、二重払いにならないことが保証されます。

ステーキングプログラム

ELCASHステーカーには、ステーキングプログラムに参加する機会が与えられます。これは、ELCASHで利息(報酬)を獲得できるようにするプロセスです。ステークするELCASHの金額が大きいほど、利息は指数関数的に増加します。参加者には、ELCASHをステークすることにより、無料の取引とガバナンスパワーというベネフィットが付与されます。

ステークできるELCASHは金額にも時間にも上限はありません。このアクションは、プロジェクトの最初からコインに対して忠実な愛好家に報酬を与えることを目的としています。

ガバナンスパワー

ガバナンスパワーは、ステーキングプログラムを通して参加者に付与されます。高い金額を長期間ステーキングすると、参加者はELCASHエコシステム内でより強いパワーを取得できます。ガバナンスパワーは譲渡できず、ネットワークのユーザーによる管理を確保します。

ELCASHは、全てのパワーを有している個別の小さなグループだけではなく、コミュニティの意見と参加に基づいて推進されるガバナンスを目指しています。

さらにELCASHステーカーは投票システムを通じて、開発基金が集めた資金の配分を決定する権限を持ちます。

マイニング報酬戦略

マイニングできるコインとしてELCASHは最初に特別なブートストラップ期間を必要とします。強力なコミュニティを集めるためにELCASHは、取引媒体としての役割を果たし、開発のための十分な時間を確保するために、7年間のブートストラップ期間が提案されています。

最初のフェーズは約1カ月要します。この間、市場での存在感とコミュニティの認知を高め る活動に重点をおきます。これらには、エアドロップ、プロモーション、その他アクティビティが含まれます。

ブートストラップの次のフェーズは、コインの流通量を追加するプロセスのスピードアップを目的としています。Bitcoinの現在の供給と一致するように計画しているため、この期間中はブロック報酬は通常よりも大幅に高くなります。

最後に、ブートストラップ期間が終了すると、開発が完了した製品はBitcoinブロック報酬システムに従うようになります。

追加情報

コインの総供給量の大半は、コインのディストリビューション計画に従って割り当てられたコインを蓄積するためにElectric Cashによって行われた最初のプレマイニング期間の後、マイナーに割り当てられます。

総供給量の一部は、報酬をステークするために使用されます。

総供給量の一部は、Electric Cashまたは開発基金に割り当てられます。この資金は、Electric Cashネットワークの今後の開発(プロトコルの改善)にのみ使用できます。ユーザーは、ネットワーク変更や次の開発について投票できます。

タグ